2017年10月26日 (木)

ヤマハ 新クラリネット・CSG(YCL-CSGⅢ)

クラリネットを新調しました!!

本日発売のヤマハ・クラリネット『CSG(シー・エス・ジー)』という新機種、発売当日に早速購入!!

1年以上振りの投稿で、いきなり。




いやあ、待ちに待ったCSGなのですよ
( ◠‿◠ )ムフフ





CSGは、これまで私が愛用してきたヤマハ・クラリネット『イデアルG』の後継機種となります。


既に欧州ではCSGは発売されており、イデアルGと見た目は殆ど変わりはないので、欧州で名前を変えて販売されてただけと思いきや、実際は違います。


イデアルGや様々な試作品を欧州の奏者たちに吹いてもらう中で、彼等の感性や意見を取り入れ、イデアルGを改良改善、バージョンアップ、更に素晴らしいクラリネットの誕生となったと伺っております。
そして遂に国内でも発売となりました!


イデアルGも、もちろん素晴らしいクラリネットですが、人間ってのは欲深い生き物…

もう少しあそこの音程が〜
もう少しあそこの吹奏感が〜
もう少し音色が〜

なんて私も色々思ってしまいました。

その「もう少し」を全て解決してくれたのがCSGだったので、本当に嬉しい😆😆😆


あとは何が嬉しいかって、「CS」という名前が入ってること。

ヤマハにはCSとSEという2種類の異なる設計のクラリネットが存在しますが、私はずっとCSを使用しておりました。


私の亡き師匠である、元NHK交響楽団クラリネット奏者 内山洋先生は、CS開発当初(1980年代?70年代??)から携わってらっしゃいました。

CSは、ヤマハカスタムクラリネットの原点であり、先生はもちろんCSで私たちに素晴らしい音楽を奏でてくださいました。

またレッスンでは、今思えばCSを吹くための必要な息づかいを徹底的にご指導くださいました。ちなみに物凄く厳しいレッスンでしたが(^_^;)


そんな内山先生が大事に大事にされてた、ヤマハカスタムクラリネットCSは、その後、CSⅡ→CSV→CSVマスターと、バージョンアップしてどんどん上位機種が開発されていき、そしてイデアルGは名前は違いますが、CS系の最上位機種としてこれまで君臨してました。

「CS」という名前が消えてしまったのがいささか寂しく感じてましたが…

そしてイデアルGの更に上位機種としてCSGが誕生、再びCSの名が復活されたのが何よりも嬉しい!!😂😂😂


当然、初代CSからのコンセプトである「芯のある明るい、また遠逹性にすぐれた」も、しっかり踏襲されてますね。加えて私には、しっとりした音色が加味されたように感じます。
そして何より音程は良いし、自分好みの音色、そして吹奏感…最高です。

ヤマハの皆様には感謝です。


とにかく見た目はほとんどイデアルGと変わらないのですが、カタログには載せきれない細部に至るまで、様々な改良されてるそうです。是非ご興味ある方は、実際に吹いて頂きたいですね。









何はともあれ、このCSGと共に、これから頑張っていきたいですね!!



楽しみ😊

https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/winds/clarinets/ycl-csgiii/index.html

※尚、CSG発売に伴い、イデアルGは廃盤になるようです。
イデアルGのほうが良いと思われる方もきっといらっしゃると思いますので、イデアルGをご購入検討される方は、在庫限りとなります。お早目に。

ちなみに私は、古女房であるイデアルGはポイッ!なんてしませんから!!
イデアルGはイデアルGで、良いとこもあるので、しばらく二刀流でいきます💪🏻💪🏻💪🏻

|

2016年6月11日 (土)

ザ・クラリネット&バンドジャーナル 執筆

かなり久しぶりの投稿です。放置も良いとこですねm(__)m
もはやご覧くださってる方はいらっしゃらないかも…ですが(笑)投稿致します。

さておき、クラリネット界の端の端で、相変わらずひっそり地味に暮らしておりますが…有り難いことに昨日6/10発売の2誌に寄稿させて頂きました。


○クラリネット専門誌「ザ・クラリネット」(アルソ出版)

○管楽器専門誌「バンドジャーナル」(音楽之友社)


ザ・クラリネットさんの記事は、今季号の特集《初心者から役立つ!クラリネット講座》の「全日本吹奏楽コンクール課題曲 マーチ2曲にチャレンジ!」の記事を執筆させて頂きました(^^)

新年度から2ヶ月が過ぎ、クラリネットを始めて間もない皆さんへ向けての特集記事です!

楽器の扱いからデイリートレーニング、そして僕が執筆させて頂いた夏の吹奏楽コンクール課題曲・マーチ2曲に特化した、役立つ情報が集まってます!


是非これから夏の大会へ向け練習に励む中高生の皆さんに、ご参考頂ければと思います。


バンドジャーナルさんの新製品紹介記事は、ダダリオ・ウッドウインズ社から新発売されるクラリネットのマウスピース・X25Eの紹介です。

現在僕がメインで使用しているX15Eよりも開きが大きいモデルです。ご興味あるクラ吹きの皆さん、是非お試しください(^^)

やや上級者向けの製品なので、大人の趣味層の皆様はもちろん、プロフェッショナルな皆様にも是非ご注目頂きたいです☆


今回、このような素晴らしい機会をくださいました、アルソ出版様、音楽之友社様へご推薦頂きましたヤマハミュージックジャパン様へ、この場を借りて御礼申し上げます。
有難う御座いました!





|

2016年2月 9日 (火)

Twitter

ツイッター始めてみました。
宜しくお願い致します!
@cla_mizukoshi

|

2015年7月27日 (月)

もっと個人練を

もはやこちらをご覧くださる方はいらっしゃらないと思いますが…とりあえず投稿。

最近はFacebookのほうばかりなので、どうぞそちらをフォローしてみてください(友達申請は友人・知人のみですので悪しからずm(_ _)m)

吹奏楽コンクールがピークを迎えていると思いますが、直前で色々依頼をお受けさせて頂いてます。
しかし毎回思うのは、日頃の基礎が足りないな…と。

申し訳御座いませんが、事実ですね〜

いくら曲を指導しても基礎が足りないせいで、きちんとしたサウンドが得られない場合が多いのです。

結局、個人練で基礎をしっかり時間をかけてやる場所・時間をもっと作るしかないのです。

場所も時間も無いのが現実でしょうか?学生さんであればどうにかなるはず。
しかし、そもそもやり方が分からない生徒さんも多くいるようです。

8月になれば余裕が出ますので、どうぞ僕の個人レッスンにご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
水越裕二クラリネット教室

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

東関東選抜吹奏楽大会・審査員

今日は東関東選抜吹奏楽大会の審査員をさせて頂きました。

東関東吹奏楽連盟(千葉・神奈川・茨城・栃木)に属する各県から複数の代表校と、開催県の合同バンドが、年一回、各地持ち回りで開催される大会です。
各県の交流の場にもなり、教育的にも素晴らしいイベントでした。

今年は栃木県足利市開催。

というかワタクシ、このような素晴らしい大会に審査員として初めて参加させて頂きました。

通常の吹奏楽コンクールとは異なり、パフォーマンスも含み、審査員とは言え、かなり楽しませて頂きました。

大御所揃いの審査員の先生方や各県の吹奏楽界の名だたる理事の先生方がいらっしゃり、ずっとタジタジしてしまいました。
しかし、参加させて頂き大変感謝です。

学生の皆さん・顧問の先生方、どれも素晴らしい演奏有難う御座いました!
また役員の皆様、大変お世話になりました!


|

«新日本BGMフィル ライブ